第3話 ささやかな反乱 (试发表)

作者:
林青
作品:
【日文】攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 解读 (其他 译作) 第3章 共4章
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX a stand alone episode 第3話 ささやかな反乱 ANDROID AND I 脚本=櫻井圭記 演出=吉原正行 絵コンテ=吉原正行 作画監督=植村淳 Story ある日、旧型の女性型アンドロイドGA07-JL、通称“ジェリ”が一斉に自らを破壊~自殺~するという奇妙な事件が発生した。素子らはそのアンドロイドの工場を訪れ、アンドロイド自殺の原因を探る。その結果、ジェリのメンテナンスプログラムにウィルスが紛れ込ませてあったため、そのウィルスに感染したジェリが一斉に自殺したことが判明した。だがそのウィルスには、全てのジェリのうち一台だけは保護するようプログラムが組まれていたのである。恐らく犯人は自分のジェリだけはウィルスから守りたかったのだろう。つまり、犯人は現在まだ稼働しているジェリを連れている可能性が高い。9課はその方向から犯人を捜索する。そして発見されたのはマーシャル・マクラクランという人物だった。彼はアンドロイドのジェリを、「世界にたった一人しかいない自分だけの恋人」にしたかったのである。バトーとトグサはマクラクランの部屋に押し入るが、既にマクラクラン本人は逃亡した後であった。だがそこで彼らはマクラクランのPCからウィルスプログラムを発見する。一方荒巻は、カナダ大使の息子であるマクラクランを逮捕するため、外交特権の免除をかけあっていた。9課は、ジェリを連れて逃げるマクラクランを追跡して追いつめる。外交特権を失い、銃を持ち出して最後まで抵抗しようとしたマクラクランだが、そのマクラクランを取り押さえたのはジェリだった。その時のジェリの言葉は、マクラクランの部屋にあった映画の引用だった。だが、そこにはジェリによるオリジナルの言葉も含まれていた。「愛していたの」 ゴーストを持たないアンドロイドが、人を愛するなどということはあるはずがないのだが……。 Explanation 攻殻世界の特徴の一つ、AIのロボットについて触れられた話。攻殻の世界では(人間の脳を搭載した)サイボーグだけではなく、AIのロボットもいるぞ、ということを示すために作られた話と考えるべきだろうか。ところでジュリについて「マニアが改造して作っている旧型機種」という話を聞いて、X680x0のことを思い出したのは私だけだろうか。昔私も色々やっていてなあ……(遠い目)。こういう「旧型機が好きな者同士」は連帯の思想を持つことが多く、「他人のマシンを壊して、自分のものだけにしてやる」ということは考えないものだが。まあ劇中のマクラクランははっきり言って異常性癖っぽいしなあ……。 劇中に出てくる映画は「アルファヴィル(ALPHAVILLE)」と「勝手にしやがれ(A BOUT DE SOUFFLE)」から取られている。設定上は、劇中の時代には「映画を電脳で試聴する」ということが主流ということになっているが(つまり映画館は死滅しているかもしれない)、マクラクラン(やトグサの妻)は映画をスクリーンで見る方が好きらしい。 I.G - STAND ALONE COMPLEX - 第3話 紹介
© 版权声明:
本译作版权属于译者林青,并受法律保护。除非作品正文中另有声明,没有作者本人的书面许可任何人不得转载或使用整体或任何部分的内容。
« 上一章  |  下一章 »